■花粉症の薬


花粉症の薬による治療について

花粉症の治療の種類は、抗原となる花粉を避ける、お薬による治療、免疫療法、手術などがありますが、最も一般的なのは、お薬による治療です。これは、患者さんの負担が軽いことや、花粉症が一定の季節に症状が起こるためです。


主流となっているのは、第2世代抗ヒスタミン薬、局所ステロイド薬などです。病院では、花粉症の症状を軽減して患者さんの辛さを軽減するために、適切なお薬を選んで出されます。現在、花粉症治療薬として、第1世代抗ヒスタミン薬、第2世代抗ヒスタミン薬、ロイトコリエン受容体拮抗薬、トロンボキサンA2受容体拮抗薬、ステロイド薬、点鼻用血管収縮薬(α交感神経刺激薬)、抗コリン薬など数多くの薬剤があります。


花粉症は時期によって患者さんの症状も変わっていきますので、医師はその時々で、患者さんの症状や要望に応じてお薬を選んで治療にあたります。


花粉症治療薬のうちの第1世代抗ヒスタミン薬

花粉症の治療に用いられる薬のうちの、第1世代抗ヒスタミン薬は、神経にヒスタミンが作用する部分(受容体)をブロックすることによって、くしゃみ、鼻水などの花粉症の症状に効果をもたらす薬です。それによって、花粉症の症状が改善されるのです。


第1世代抗ヒスタミン薬の種類には、d-マレイン酸クロルフェニラミン、フマル酸クレマスチンなどがあります。花粉症の市販薬に配合されているのは、ほとんどがこの第1世代抗ヒスタミン薬です。花粉症の症状には効果が速く現れますが、長期間使用していると眠気やだるさを感じ、やる気や集中力が衰えたりということが起こる場合があります。口が渇くという副作用が出る場合もあります。また、緑内障の人や尿の出にくい人は使用することができない薬ですので注意が必要です。


花粉症治療薬のうちの第2世代抗ヒスタミン薬

第2世代抗ヒスタミン薬は、花粉症や通年性アレルギー鼻炎の治療の中心的な存在になっています。第2世代抗ヒスタミン薬は、新しいものになるほど眠気などの副作用が改善されて、副作用が軽減されています。


花粉症の症状のひとつの鼻づまりにも効くものもあります。多くの種類があり、その作用はそれぞれ少しずつ異なっています。その中の代表的な薬の種類としては、塩酸セチリジン、フマル酸ケトチフェン、塩酸エピナスチンなどの種類があります。他の薬との飲み合わせが悪い薬もありますので、もし他にも服用している薬があれば、必ず医師に伝えることが大切です。第2世代抗ヒスタミン薬は、スギ花粉症を含む季節性アレルギー性鼻炎の治療に、花粉が飛散している時期の症状を和らげることや、予防的な治療にも有用な薬として広まっています。


花粉症治療薬のうちのケミカルメディエーター遊離抑制薬

花粉症の治療薬として、ケミカルメディエーター(化学伝達物質)遊離抑制薬があります。


花粉症の抗原抗体反応が起こったときにでも、肥満細胞からヒスタミンやロイトコリエン、トロンボキサンなどのケミカルメディエーター(化学伝達物質)が遊離するのを抑える薬です。花粉症の治療、アレルギー性鼻炎の治療に、内服薬と鼻に噴霧する薬があります。効果が発現するまでに2週間と時間がかかりますが、眠気などの副作用が少ないことや、抗ヒスタミン薬に比べて鼻づまりにもある程度の効果があるといったことから、花粉症の初期治療や軽度から中度のアレルギー性鼻炎の治療に使用される場合が多いです。ケミカルメディエーター(化学伝達物質)遊離抑制薬の種類には、クロモグリク酸ナトリウムや、トラニラストなどの薬があります。



花粉症の症状である鼻づまりに効果のある薬

ここでは、花粉症の症状のうちのひとつである、鼻づまりに効果があり、使用されている薬についてご説明します。


抗トロンボキサンA2薬は、トロンボキサンという化学伝達物質の作用を抑えるはたらきのある薬です。ラマトロバンがその薬です。抗ロイコトリエン薬は、ロイコトリエンの作用を抑える薬です。プランルカスト水和物が成分の薬です。


どちらも花粉症の症状のうちのひとつである鼻づまりを改善する薬です。点鼻用血管収縮薬や、α交感神経刺激薬は、鼻の粘膜にある血管を収縮させることによって、花粉症の症状のうちのひとつである鼻づまりを改善します。この改善効果は一時的なものです。点鼻用血管収縮薬や、α交感神経刺激薬を続けて使用していると、鼻の粘膜にある血管を収縮させるという効果がなくなってきて、場合によっては逆に花粉症の症状である鼻づまりがひどくなるということがおこることもあります。


花粉症治療薬のうちのステロイド薬

花粉症の治療としてステロイド薬が使われるのは、花粉症の症状が最も強い時です。その種類として点鼻薬、経口薬、点眼薬があります。


ステロイド薬は免疫反応を抑えるので、どのタイプの症状にも効果がみられます。局所ステロイド薬は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど花粉症の症状がひどい場合に鼻に噴霧して使用します。成分はプルピオン酸フルチカゾンなどの薬です。作用するのが局所のみで、体内にはほとんど吸収されないので、比較的安心して使用できます。しかし、医師の指示どおり、定期的に使用しないと、十分な効果が発揮されません。経口ステロイド薬は、花粉症の症状が局所ステロイド薬では抑えられない場合に使われることがあります。ただし、ムーンフェイス、月経障害などの副作用を考慮するため、短期間に限定して服用する薬です。経口ステロイド薬はベタメタゾン・d-マレイン酸クロルフェニラミン配合剤という成分の薬です。


花粉症の症状から選ぶ漢方薬

漢方から見て花粉症は、体内の水分のバランスが崩れていること(水毒)によるものとされています。花粉症は体質そのものが問題になりますので、体質改善を日頃から心がけることが大切です。


症状によって漢方薬は処方する種類が異なってきます。薄い鼻水が一日中止まらず、くしゃみを繰り返す症状には、「小青竜湯」が適しています。この薬はアレルゲンを取り除き、体を温め、水分の代謝を調整する働きがあります。くしゃみ、鼻水が治まったあとでも鼻づまりが残る症状には、「根湯加川きゅう加辛夷」が適しています。この薬はアレルゲンを取り除き、体を温めて鼻づまりを改善する働きがあります。慢性化し、鼻水が粘っこくなり膿のようになって出たり、他に充血、目のかゆみ、口の渇きなどの症状のある花粉症には、「荊介連湯」が適しています。この薬は、抗炎症作用によって炎症を鎮めて、慢性鼻炎を改善していくはたらきがあります。また花粉症のような季節性アレルギー性鼻炎だけでなく蓄膿症や慢性鼻炎にも適している薬です。


花粉症の方に向いている漢方薬

花粉症の漢方薬での治療の考え方は、まず、花粉などのアレルゲンを取り除き、水分の代謝を改善し、呼吸機能のはたらきを良くして、再発を防止するというものです。


漢方薬には、今現在の花粉症の症状に対して飲むものと、体質を改善するために飲むものがあります。飲んですぐ花粉症の症状に効く漢方薬も体質などによって種類があります。


小青竜湯は、肥満か、やや肥満、やややせ型の方に向いています。水っぽい鼻水が出る方、涙目の方によいです。麻黄附子細辛湯は、やややせ型かやせ型の方、中高年の方に向いています。頓服で飲むとすぐ鼻水が止まる薬です。辛夷清肺湯はどんな方にも向いている薬で、鼻づまりに効果がある薬です。体質改善の漢方薬には、次のような種類があります。当帰芍薬散は、やせ型、やややせ型で冷え性で色白の方に向いている薬です。桂枝茯苓丸は、肥満、やや肥満で鼻の頭が赤く、ほてりや月経痛のある方に向いている薬です。柴胡桂枝湯は、やや肥満、やややせ型で慢性の風邪や微熱のある方に向いています。防已黄耆湯は、肥満、やや肥満、水太りで、眼や鼻のかゆみがひどい方に向いています。