■花粉症の予防


花粉症予防によい食品

花粉症の予防ここでは、花粉症の予防に効果的とされている食品を挙げます。まず、花粉症の原因としては、腸内の環境の悪いことや、血のめぐりの悪いことが挙げられます。それを改善する食べ物として、まずヨーグルトがおすすめです。ヨーグルトに含まれる善玉菌が腸内環境を整えます。ヨーグルトの中でも、腸まで胃酸で分解されることなく届く、プロバイオティクスのヨーグルトを食べるのがよいでしょう。シソの葉も花粉症予防によい食品です。体を温めて、咳、鼻水にある程度効果が期待できます。1日10枚程度を摂るのが目安です。他にも、抗アレルギー作用のあるシジュウム、抗炎症、抗アレルギー効果のある甜茶も予 防としてよいものです。花粉症の予防によいハーブティーとしてはペパーミント、ローズヒップ、レモンバーム、カモミールがよいと言われています。


スポンサードリンク

自分で出来る花粉症予防

花粉症の予防花粉症の予防には、まず、花粉を避けることが大切です。マスクを花粉が飛び始める前から着用することで、花粉症の発症をある程度遅くできるという報告もあります。花粉症を予防する対策として有効なのは、花粉用のマスクやメガネを着用することです。外出時には、なるべく早めに1月中旬からマスクを使用するよう心がけましょう。帰宅したら家の玄関の前で、服についた花粉を払ってしまうことで花粉症の予防になります。そして、部屋の中に入った花粉には、花粉を固めてしまう布製品用のスプレーをすることも花粉症の予防になります。これらのことをすることで、自分で花粉症にならないようにすることができます。自分自身で積極的に花粉を避けるようにすることが花粉症予防には重要なことなのです。


スポンサードリンク

初期療法での花粉症予防

花粉症の予防花粉症の予防方法として、初期療法に使われる薬は「第2世代抗ヒスタミン薬」や「化学伝達物質遊離抑制薬」が主です。花粉が飛び始める1~2週間前から初期療法を始めれば、くしゃみや鼻水などの花粉症の症状を予防することも可能です。初期療法の良い点は、花粉症の症状が軽くなり、症状が出始める時期が遅くなることです。また、花粉症のシーズンの前の病院が混雑する前にゆっくり治療の計画を立てることができます。花粉症予防のためには、まず花粉の飛散する2週間位前から化学物質遊離抑制薬を服用する治療から始めます。この治療でアレルギー症状を抑制するには14日程度毎日服用することが必要なのです。第2世代抗ヒスタミン薬での治療は、花粉が飛散し始めてから大量に飛散するまでの間に行われます。この治療で、予防的な治療を始めた方と同じくらいの効果が得られます。

花粉症を予防する生活習慣

花粉症の予防花粉症の予防には、生活習慣を見直すことも必要です。食生活では、お酒や香辛料などの刺激物を避け、ファーストフードやインスタント食品などに偏らない、栄養バランスのとれた食生活の習慣を心がけることが花粉症の予防に大事なことです。生活面では、疲れをためると自律神経が過敏になりやすいので、睡眠を十分にとることです。また、現代社会の生活では、生活のリズムが不規則になりがちです。 なろべく規則正しい生活をすることが、花粉症の予防につながります。ストレスがたまると自律神経が乱れるため、花粉症にはよくありません。自分でストレスをためないように気をつけることが花粉症の予防につながります。適度な運動をしたり、音楽を聴いたり、ゆっくりお風呂に入ったり、アロマテラピーを取り入れたり、お茶の時間を楽しんだりして、ストレスをためない、ためても発散するようなリラックスタイムを作るのがよいでしょう。花粉症の予防には、健康的な生活を心がけることがとても大切なので、自分で自覚して規 則正しい生活をしていくようにしましょう。

花粉症予防のための民間療法

花粉症の予防花粉症を予防する民間療法には、様々なものがあります。症状の出る前や症状の軽いうちに、日常生活の中に民間療法を取り入れることも、花粉症を予防し、症状を緩和するのによいかと思われます。甜茶やシソエキス、サプリメントなどを試してみるのもよいでしょう。また、ニンジンやカボチャには鼻の粘膜を強くするカロテンがたっぷり含まれているため、これらを取り入れた食事を心がけるのも花粉症の予防によいと言われています。花粉症対策として、菜の花をミキサーにかけて青汁状にして飲む方法で症状が改善されたというコメントもみられます。また、花粉を飛ばす前のスギの雄花を黒焼きにしたものが、「黒焼花粉」として花粉症の予防対策になると販売もされています。民間療法はそれだけに頼らず、病院の薬や、その他の色々な花粉症の予防対策と併用して症状を悪化させないために利用することが大切なのです。