■花粉症のメカニズム


花粉症のメカニズムの知識

花粉症のメカニズム花粉症対策として、花粉症のメカニズムの正しい知識を身につけることが大切です。ここでは、花粉症のメカニズムとはどういうものであるかをご紹介します。花粉症はアレルギーのうち、特定の花粉に過剰に反応するものです。アレルギーとは、人の免疫に関して起こる反応です。体内には体外から侵入してくる異物を排除してしまおうとする能力が備わっています。体外から入ってきた物質(抗原)に対して、それを追い出そうとして作られる物質(抗体)が体内に作られるのです。花粉症では花粉という抗原に対して、それを追い出そうとする抗体「Ige抗体」が作られて反応します。Ige抗体は生まれつき作られやすい体質が決まっています。こういった体質をアレルギー体質といいます。この抗体によるメカニズムは花粉症の他、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などにも深く関係しています。


スポンサードリンク

花粉症が発症するメカニズム

花粉症のメカニズム花粉症のメカニズムをもう少し詳しく説明します。IgE抗体は、花粉が毎年体内に入り続けていくうちに作り続けられます。そしてこの蓄積がある一定量を超えると花粉症を発病するメカニズムの条件が整います。そうすると、花粉が入るとIgE抗体が肥満細胞を刺激して、ヒスタミンが作られます。ヒスタミンはくしゃみや鼻水を発生させるために、このメカニズムによって花粉症が発症するのです。IgE抗体の蓄積量がどれ位になると花粉症を発症するのかは、個人差があるために明確ではありません。原因のひとつとして、大気汚染、特にディーゼル車の排気ガスが多い場所では花粉症発症が多いと言われています。他の説として言われているのは、免疫機能が現代において働く場所が少なくなり花粉にまで反応するようになったというものです。免疫機能のメカニズムが本来は体を防御するためにあるものです。しかし免疫が活動しなくても良い状態の部分にまで過剰に活動してしまっているという事なのです。


スポンサードリンク