花粉症予防と対策・花粉症ガイド
<花粉の時期に役立つ、外出時の花粉症対策におすすめの商品>
全米で大ヒット中!携帯用空気清浄機「エアサプライ」
あなた、外での呼吸には無防備ではありませんか?

世界初・携帯用空気清浄機「エアサプライ」は、呼吸ゾーン(眼、鼻、口など顔周辺)に強力なマイナスイオンのバリアを形成し、 ウイルス・花粉・ホコリ・カビ菌・タバコの煙等を顔の周りから除去することができます。

わずか60g程度なので、ネックストラップで首からさげるほか、胸ポケットに入れたり、仕事中・勉強中のデスクに置くなど、エアサプライは、年齢を問わず、どなたにも簡単・快適に使用でき、口・鼻から20cm離れていても余裕をもって呼吸ゾーンをガードし、常に安全で新鮮な空気を提供します。 密室(教室・オフィス・車内等)で特に高い効果を発揮します。

携帯用・プラズマイオン空気清浄機「エアサプライ」の詳細はこちら☆米国政府機関も信頼!携帯型超小型空気清浄機 ☆エアサプライ【インテリア - 雑貨 - 防犯・防災 ショップ楽運】


花粉症で苦しんでいる女性花粉症は、ホントつら~い
花粉症にならないと、このつらい症状は分かりません(T_T)/

花粉症でつらい思いをしている人々は、日本全国で、国民の約16%、1000万人以上いるといわれていて、この花粉症人口は、なんとこの10年の間に4倍にも増加しています。特にスギ花粉症の場合、30歳~45歳の働き盛りである世代が、スギ花粉症人口全体の3分の1を占めているそうです。

日本は、南北に長い地形をしていて、その上、山が多いことが花粉症の原因のひとつともいわれていますが、近年花粉飛散数が増加していることや、さまざまな環境の変化の影響も原因していると考えられてはいますが、十分に確認はされておらず、またこれといった対応策も現在ありません。

”花粉症予防と対策・花粉症ガイド”では、花粉症のメカニズムから、花粉症の原因や症状、種類、また花粉症の予防と対策、花粉症の発生時期や治療についてなど、花粉症でつらい思いをしている方に役立つよう、分かりやすくご説明しています。これによって、あなたの花粉症が少しでも、楽になり、花粉の時期も快適に過ごせるようお祈りしています。

花粉症予防と対策・花粉症ガイド 記事一覧

    花粉症の原因植物の花粉の発生時期について

    花粉症の発生時期ここでは、花粉症の原因となる主な植物の花粉の発生時期をご紹介します。


    スギは花粉症の原因となる植物として第1に挙げられます。花粉の発生時期は2月から4月にかけてです。ヒノキは地域によって植林面積がスギを上回る場所もあります。花粉の発生時期は3月から5月にかけてです。


    ケヤキは街路樹などによくみられます。4月から5月にかけてが花粉の発生時期です。シラカバは北海道の花粉症の原因として注目されています。4月頃が花粉の発生時期です。ハンノキは全国に分布し、花粉の飛散する量も多い植物です。花粉の発生時期は1月から3月にかけてと、早いのが特徴です。ブタクサやヨモギは秋口の花粉症の原因となる植物です。これらの花粉の発生時期は8月から10月にかけてです。カモガヤはイネ科の花粉症の主な原因となる植物です。5月から8月にかけてがカモガヤなどのイネ科の花粉の発生時期です。


    花粉の発生時期と花粉症について

    花粉症の発生時期花粉症が発症する花粉の発生時期は、スギ花粉の飛び始める2月上旬から4月下旬頃までが多いです。例年スギ花粉は、2月上旬から九州地方で飛び始めて、それから北上していきます。


    花粉の飛散情報は、テレビや新聞、インターネットなどから情報を得られますので、自分の住んでいる地域がいつ頃花粉が飛散する発生時期なのかを知ることによって、なるべく外出を避けるなどの花粉対策をとることが大事です。また、春だけでなく秋にも花粉症を発症する人もいます。この場合はスギ花粉症ではなく、ブタクサ花粉症である可能性が高いです。もちろん他の植物が原因である場合もあります。


    花粉症の原因となる植物の種類は、日本では約50種類以上確認されていますので、花粉症の対策には、自分がどの植物によって花粉症になるのかを特定して、その植物の花粉の発生時期を知ることで、自分の花粉症の発症時期を知ることができるのです。


    花粉症対策の注射の種類

    花粉症の注射には4種類あります。


    先にご紹介しました副腎皮質ホルモン(筋肉内注射)、減感作療法・免疫療法(皮内注射)、星状神経節ブロック(首に麻酔薬を注射)、ヒスタミン添加グロブリン(筋肉内注射)です。


    副腎皮質ホルモンの注射は、花粉症の症状にアトピー性皮膚炎や気管支喘息などが合併している場合これらの病気が悪化する場合もあるので、やはり充分な考慮が必要となります。まだご説明していなかった「ヒスタミン添加グロブリン注射」は、非特異性減感作療法という花粉症の治療法のひとつです。これはヒスタミン添加グロブリン(ヒスタグロビン)を数回にわたって注射する方法です。近年ではあまり実施されていません。花粉症のアレルゲンが特定できない場合、この治療が行われたり、減感作療法と並行して効果を上げる目的で行われることがあります。


▼健康関連ニュース